LYMPH
リンパ

リンパとは

Q.リンパマッサージやリンパを流すってよく聞きますが、そもそもこの『リンパ』とは何ですか?

A.全身を網の目のように張り巡らされている「リンパ管」 その管の中を流れているのが「リンパ液」 リンパ管の通り道には「リンパ節」と呼ばれる卵型の節があります。 リンパ管の集まったこの節は鎖骨やわきの下など全身に約800箇所あり、リンパ液に含まれる細菌や異物を除去する役割を持っています。
これらを総称したものを『リンパ』と言います。

例えるなら、心臓から送り出された「血液」が栄養や酸素を運ぶ上水道のような役割に対して、「リンパ」は体内で不要になった老廃物や疲労物質を運ぶ下水道のような役割を果たしています。

リンパの働き

リンパには大きく2つの役割があります。

1. 老廃物の排泄・運搬

身体の中の余分な老廃物は、通常は静脈に取り込まれて心臓まで戻ってきます。
しかし静脈に入りきらずあふれた老廃物はリンパ管へと流れ込みます。
つまり、リンパは静脈では回収しきれない老廃物を回収するシステムということです。

2. 免疫機能

リンパには、細菌などを退治し体を病気から守る働きがあります。
リンパ節がフィルターの役割を果たして、老廃物や細菌をろ過して全身に細菌が回らないようにしています。
また、リンパ球は一度戦った細菌やウイルスの性質を記憶していて、同じ病原菌が再度侵入したときに迅速に抗体を産出して身体を守る生体防御の能力があります。

リンパの滞る原因

心臓がポンプの役割をする心臓と違って、リンパには自発的に流れる仕組みがありません。
そのポンプの役割をしているのが筋肉です。
つまり運動不足や加齢による筋肉量の低下がリンパの流れを滞らせます。座りっぱなしや立ちっぱなしなど同じ姿勢が続くとむくむのはこの為です。
また冷えや疲れ,ストレスといった要因で身体の巡りがスムーズにいかず、重力の影響も合わさり下半身に滞りやすくなります。

リンパマッサージの効果

リンパは皮膚のすぐ下の近いところに流れています。
リンパ管は細いので優しくさするだけでも流れを整えることができ、リンパマッサージなどの刺激がとても効果的です。

などなど…。 Reward‐リワード‐のメニューは全て、エッセンシャルオイルを使ったオールハンドでのトリートメントです。
リンパマッサージは、直接お肌に触れることで高いリラクゼーション効果を発揮します。
このリラックスするという状態がすごく大事で、自律神経やホルモンのバランスを整え身体の不調を整えていきます。
定期的に続けることで、疲れを溜めない!年齢に負けない! 『健康』で『キレイ』なココロとカラダを作っていくことができます!!